ザンジバル諸島の治安や日本からの行き方は?観光情報も知りたい! | belle-rencontre

ザンジバル諸島の治安や日本からの行き方は?観光情報も知りたい!

スポンサーリンク

ザンジバルの行き方や治安ってどうなのでしょうか?
ザンジバルはタンザニア連合共和国に属するアフリカ東海岸のインド洋上に浮かぶ島々、ザンジバル諸島の地域名です。ザンジバルの美しい海と砂浜はアフリカでも有数で、ハネムーンでも人気です。

ヨーロッパではリゾート地として抜群の知名度があってセレブや観光客の人気スポットになっているとか。

日本ではあまり知られていませんが、ザンジバル島にある『The Rock』「死ぬまでに行きたい海上レストラン」と呼ばれ知る人ぞ知る観光スポットです。

日本では穴場になるので、うじゃうじゃいる日本人の観光客に混ざりたくない場合、ザンジバル島はおすすめです。

ザンジバルとは?

ちなみに『ザンジバル』はザンジバル諸島のことで

・ウングジャ島(ザンジバル島)
・ペンバ島

この二つが主要な島です。

地図で見るとこのあたりです

Google マップ

飛行機で21時間~28時間ほどかかる距離です。

ザンジバル諸島の中には
ザンジバル革命政府の行政権の及ばない島があります。

それは『マフィア島』などの周辺の小さな島々。

えええ!

行政権の及ばない島!?

マフィア!?

ってあせるかもですが、

マフィアって名前がついていても
イタリアのアルカポネみたいなヤクザとは違います。

「マフィア島」の名前の由来は二つあって、

《マフィア島の由来》
・アラビア語の「morfiyeh」(意味は「グループ」「群島」)という説
・スワヒリ語の「mahali pa afya」(意味は「健康的な場所」)という説

って説が由来の「マフィア」だそうです。

あせりますよね。

インド洋に浮かんでいる島々で、

マダガスカル島やフランスの海外県のマヨット島の近くにあります。

イギリスの保護領だったこともあり、

公用語は
・英語
・スワヒリ語
・アラビア語

です。

日本からザンジバル諸島への行き方

日本からザンジバルに行くにはい直通の飛行機は無いため乗り継ぐことになります。

日本からザンジバルに行ける航空会社
・カタ-ル航空
・エチオピア航空の航空券
・エミレーツ航空
・トルコ航空(ターキッシュ エアラインズ)

乗り継ぎがあるので海外の旅になれていないと
かなり厳しい旅になること間違いなし。

なので、ツアーで行くのが一般的。

ツアーは各社で組まれています。
しかもお一人様からツアーにいけます。

ちなみに、こんな経路になります。。

ツアー滞在イメージ

宿泊都市

1日目:機中泊
2日目:ナイロビ(ケニア)泊
3日目:マサイマラ(ケニア)泊
4日目:マサイマラ(ケニア)泊
5日目:ザンジバル(タンザニア)泊
6日目:ザンジバル(タンザニア)泊
7日目:機中泊
8日目:帰国

 

やはり、アフリカです。
移動距離が半端ないです。

なので、あまり少ない日数では満足度が下がるので
できれば日数は6日以上は必要です。

 

とは言え、行き方はそう面倒臭くありません。

実際にザンジバル諸島へ行った人によると、一番良い方法は

エチオピア航空で東京、成田空港

タンザニアのダルエスサラームから

・フェリー
・飛行機

という行き方だそうです。

乗り換え1回で、行けちゃうんですね!

その他パリ経由やマダガスカル経由で行く方法もありますが、

上記でご紹介した行き方が一番安いとのことです。

また、多くの旅行会社のツアーでは

ザンジバル単体のツアーは少なく、他の島とのパッケージツアーになることがほとんどです。

ついでに他の島にも旅行に行けるからお得!

というポジティブ思考でいきましょう!笑

ザンジバル諸島の治安

ザンジバルの治安は、悪くはありません。

が、乗り継ぐダルエスサラームの治安はよろしくないって何度かザンジバルに行ったことのある人の感想があります。(大都市ですからね。)

一方、われらが目的のザンジバルは電灯が少なく、夜は暗くて怖いかもしれませんが

夜の外出も、治安面で怖いということはありません。

夜でも女子の一人歩きも可能です。

ですが、9時以降は避けるのが安全。

そして何より注意したい点、
旅行する上で知っておくべきことがあります。

それは、服装のことです。

ザンジバル諸島の住民の97%のひとがはムスリムです。

つまり、イスラム教が信仰されているということですね。

イスラム教では、ご存知のようにスカーフをかぶるなど、

全身を覆うことが多く、肌をむやみに露出することはありません。

ザンジバルに旅行するとき、外国人(あなた)もスカーフをかぶる必要はありませんが、

お腹や背中、肩を露出させるような服装は気をつけましょう。

特に女性は注意ですね。

日本人女性がよく着ている「オフショルダー」なんて、もってのほかです。

これらのことを知らずに肌を露出させるような服装をし、

「何か」が起こってしまう可能性はあります。

しっかり注意して気をつければ、治安が悪いということはありませんので、気をつけてくださいね。

ザンジバル諸島の観光情報

ザンジバル諸島では、いくつか訪れるべき観光スポットがあります。

ストーンタウン 世界遺産

ザンジバルを一躍、観光として注目を浴びることになったのがこの世界遺産です。

そうでです『ストーンタウン』です。

ストーンタウンはかつての支配した国の文化が混ざり合ったザンジバル特有の風景・文化です。

ちょっと面白いのが、ドアのこだわりです。

現地の人の引きざまが見え隠れするこだわりのドアたちです。

『The Rock』死ぬまでに行きたい海上レストラン


「 死ぬまでに行きたい海上レストラン」で知られることになったレストラン『The Rock』。

海に浮かぶレストランな感じがすごい。

で、

海の潮が引くとこんな感じ。

《お店情報》
価格:~¥4,500ほど
住所:Michanwi Pingwe Beach, Pingwe 753, Tanzania
場所:アフリカ⇒タンザニア⇒ザンジバル諸島⇒ザンジバル⇒ピングウェ
電話番号:+255 – 776 – 591 – 360
メアド:info@therockrestaurantzanzibar.com

参考 トリップアドバイザー ザ ロック (ピングウェ) の口コミ

まとめ

以上、ザンジバル諸島の治安や観光情報、日本からの行き方についてでした。

今回ご紹介した観光情報以外にも、綺麗なビーチも多いですし

日本ではあまり訪れることのないモスクもたくさんあって、

ザンジバル諸島は「普段体験できないことが色々体験できる国」であると感じました。

あなたも、ぜひザンジバル諸島旅行を楽しんでください♪

雑学 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSでシェアしていただけると小躍りして喜びます。
スポンサーリンク
belle-rencontre

コメント

テキストのコピーはできません。